大会開催可否に関しまして

2020.3.10

新型コロナウイルス感染拡大予防が求められる状況下で、連盟として日々議論を重ねて参りました。残念ながら4月上旬の大会については中止の判断となりました。下記、ご確認をお願いいたします。

 

■舞洲クリテリウム(4月4日)
■舞洲タイムトライアル(4月5日)

中止と致します。


■伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020(4月12日)

一般の部、およびJBCF登録レースともに中止と致します。


■東日本ロードクラシック群馬大会(4月18日,19日)

3月27日(金)に開催可否の判断をし、連盟HP上で発表致します。
開催となった場合、3月27日よりエントリー受付開始致します(締切は4月5日)


■西日本ロードクラシック広島大会(4月25日,26日)
4月3日(金)に開催可否の判断をし、連盟HP上で発表致します。
開催となった場合、4月3日よりエントリ受付開始致します(締切は4月12日)


■Mt.富士ヒルクライム(6月7日)
エントリー開始時期について主催者と調整中です。


<連盟より>
舞洲大会および伊吹山ドライブウェイヒルクライムに関しましては、
開催地域との意見交換やレース規模等を総合的に判断し、中止の決定となりました。
延期して開催する可能性も模索しましたが、年内いっぱい会場都合が合わず断念致しました。
ご理解頂ければと思います。
なお舞洲大会、及び伊吹山ドライブウェイヒルクライムに既にエントリー済の方には、
参加費の一部を返金致します(伊吹山HCはランナーズポイント「RUNPO」による返金)。
返金額や方法等を決定次第、事務局よりメール致します。

東日本ロードクラシックと西日本ロードクラシックは、開催となった場合にはエントリー期間が10日間しかありません。
ご注意下さい。
なお開催の判断の後、「政府よりイベント自粛の要請が出た」「開催地で新型コロナウイルス感染者が発生した」等、
レース開催が困難と思われる事態となった場合、大会を中止とする可能性があります。
その場合は参加料の返金は行わない旨、ご理解頂ければと思います。
大会実施の判断をした以上は、感染症対策を含め、開催に向けて最大限の努力を致します。

 

以上