西日本ロードクラシック広島大会DAY1レポート

2022.4.17

Jプロツアー第2戦

第56回JBCF西日本ロードクラシック広島大会 Day-1
日付 2022年4月16日
開催地・コース 広島県三原市 広島県中央森林公園サイクリングコース(1周:12.3km)
距離:61.5km(JPT)、73.8km(F)、123km(E1)、73.8km(E2)、61.5km(E3)

■Jプロツアー(JPT)

<小林海が終盤独走で開幕2連勝>

朝から青空が広がった広島県中央森林公園のスタートラインに揃ったJプロツアーの選手達

Jプロツアー第2戦は、広島県中央森林公園を舞台とする「西日本ロードクラシック広島大会」。初日のDAY1は5周61.5kmの短距離レースで行われた。
広島空港の拡張工事によりスタート直後からコース幅が狭められた区間が続くため、スタートは全てのクラスタでローリングスタートとされた。

1周目からフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)がペースを上げていく


リアルスタートが切られるとアタック合戦が始まり、フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が集団先頭でペースアップ。2周目には16分30秒台という超ハイペースを記録する。この動きで、プロリーダージャージの小林海(マトリックスパワータグ)を含む10名ほどが先行。さらに後続から合流して14名の先頭集団が形成される。
メイン集団は愛三工業レーシングチームがコントロールするものの、先頭集団との差は開き続け、3周目終了時点で2分近くまで開く。

小林海とレオネル・キンテロ(共にマトリックスパワータグ)の2名が後続を引き離していく


残り2周となる4周目、先頭集団が登り区間に差し掛かったところで小林とレオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)の2名が先行。「中切れ」が起きるようにするすると開いた差を誰も埋められず、2名は差を広げていく。その後小林はキンテロを置き去りにして独走。そのままフィニッシュまで逃げ切り、2連勝を決めた。2位にキンテロが入り、マトリックスパワータグがワン・ツー・フィニッシュを達成。前年のチャンピオンチームが開幕戦に続き再び他を圧倒して見せた。

小林海(マトリックスパワータグ)がJプロツアー開幕2連勝を決めた

結果  JPT(61.5km)

1位 小林 海(マトリックスパワータグ) 1時間27分45秒
2位 レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ) +41秒
3位 松田祥位(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +42秒
4位 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) +43秒
5位 金子宗平(群馬グリフィンレーシングチーム) +43秒
6位 大町健斗(備後しなまみeNShare) +44秒

表彰式 上位3名には地元賞とガチンコサイクルTVから賞金が贈られた

Jプロツアーリーダー 小林海(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

プロリーダージャージの小林海(マトリックスパワータグ 写真右)と、ネクストリーダージャージの山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟

 

■Jフェミニンツアー(JFT)

全日本チャンピオンジャージの植竹海貴(Y’s Road)が要所でペースを上げて人数を絞っていく

6周73.8kmで行われた女子のJフェミニンツアーのレースには24名が出走。序盤は牧瀬翼(WINGS PLUS)らがペースをつくり、全日本チャンピオンジャージの植竹海貴(Y’s Road)が時折ペースアップして集団の人数を絞っていく。レース中盤までにおよそ半数まで絞られた集団から、2020年大会で優勝している垣田真穂(松山学院高等学校自転車競技部)がアタック。植竹が追従して2名が先行し、後続との差は一気に1分以上まで開いた。
残り2周、展望所への登りで植竹がアタックするも、その後の下りで垣田が追いつく。植竹は最終周回に再び同じ登りでアタック。垣田は大きく遅れるものの、残り1kmを前に植竹に追いつき、スプリント勝負へ。
先に仕掛けたのは植竹を、垣田がフィニッシュライン上僅差で差し切って下し、2年ぶり2勝目を挙げた。

僅差で垣田真穂(松山学院高等学校自転車競技部)が先着

結果 JFT 73.8km

1位 垣田真穂(松山学院高等学校自転車競技部 ) 2時間7分2秒
2位 植竹海貴(Y’s Road) +0秒
3位 牧瀬 翼(WINGS PLUS) +2分59秒

中間スプリント賞 植竹海貴(Y's Road)

表彰式

Jフェミニンツアーリーダー 植竹海貴(Y’s Road)

フェミニンリーダージャージは植竹海貴(Y’s Road)が奪回

文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟

 

■Jエリートツアー(JET)

E1 スタート

 E1クラスタのレースは史上最長となる11周135.3kmで行われる予定だったが、時差スタートのE3クラスタの落車により1周減の10周123kmに変更された。それでも同日に行われたJプロツアーの倍の距離のレースとなる。
レース中盤までは目立った動きはなく、周回を重ねるごとに集団の人数が絞られていく展開。終盤に入り、前田凌輔(ORCA CYCLING TEAM)が集団前方で積極的に動き、8周目からは単独で先行する。前田は後続との差を1分近くまで広げて逃げ切り勝ち。さらに初川弘浩が2位となり、ORCA CYCLING TEAMがワン・ツーフィニッシュを達成した。

E1 前田凌輔(ORCA CYCLING TEAM)が単独逃げ切りで優勝

結果 E1クラスタ 123km

1位 前田凌輔(ORCA CYCLING TEAM)
2位 初川弘浩(ORCA CYCLING TEAM)
3位 寺崎武郎(バルバサイクルレーシングチーム)
4位 水本賢太(Team Kermis Cross)
5位 深澤陽介(soleil de lest)
6位 森口寛己(JIN CYCLING TEAM)

中間スプリント賞 石井雄悟(VC VELOCE)

E1 表彰式

Jエリートツアーリーダー 小林亮(soleil de lest)
U19リーダー 藤本元貴(Promotion x Athletes CYCLING)

エリートリーダージャージは小林亮(soleil de lest 写真右)、U19リーダージャージは藤本元貴(Promotion x Athletes CYCLING)

 

文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟