群馬CSCロードレース5月大会 レポート

2021.5.16

群馬CSCロードレース 5月大会
日付: 2021年5月15日
開催地・コース:群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター 6kmサーキットコース(1周:6km)
距離:132km(JPT・E1)、84km(E2)、60km(E3)、84km(F)

 

■Jプロツアー・Jエリートツアー(JPT・E1)

Jプロツアー第6戦は、JプロツアーとJエリートツアーのE1クラスタが混走する交流戦としての開催。群馬サイクルスポーツセンターの6kmサーキットを22周する132kmのレースで行われた。

時折霧雨が降る中スタートしたレースは、数名の飛び出しから単独先行した留目夕陽(JCF強化指定選抜チーム)に、沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、川野碧己(弱虫ペダルサイクリングチーム)、白川幸希(CIEL BLEU KANOYA)、小林弘幸(LEOMO Bellmare Racing Team)の4名が合流して先頭集団を形成。5周目にはメイン集団に約1分差をつけて先行する。

スタートラインに揃ったJプロツアーとJエリートツアーのリーダージャージ

時々霧雨が降る中スタート

レース序盤に形成された5名の先頭集団 後方にフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)と大町健斗(eNShare レーシングチーム)の追走集団が見える

7周目に入ると、フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)と、大町健斗(eNShare レーシングチーム)が追走して先頭集団に合流。石上優大(JCF強化指定選抜チーム)が追走する場面もあったがメイン集団に戻り、差は1分30秒前後まで開く。

レースが後半に入ると、シマノレーシングと愛三工業レーシングチームが集団前方に集まって牽引を開始し、先頭集団との差を縮めていく。これに対し、マンセボがペースアップして先頭集団の人数を絞り、16周目にはマンセボと大町の2名となる。マンセボは大町も振り切って単独先行するが、メイン集団との差はその後も縮まり続け、19周目にマンセボは吸収される。

レース後半からはシマノレーシングと愛三工業レーシングチームがメイン集団をペースアップさせる

残り2周からはJCF強化指定選抜チームのメンバーが次々とアタックするが、勝負を決定付けるものにはならない。最終周回に入ると、小林海(マトリックスパワータグ)、伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)、木村圭佑(シマノレーシング)ら5名が先行。最後の心臓破りの登りで小林がアタックするも決まらず、その後マンセボ、山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、中井唯晶(シマノレーシング)らが追いつき、勝負はスプリントへ。残り50mからまくりに行った山本がマンセボを下し、Jプロツアー初優勝。TEAM BRIDGESTONE Cyclingは、窪木一茂が優勝した第5戦に続き2連勝を決めた。

E1クラスタの選手では、メイン集団でフィニッシュした寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)の12位が最高位。エリートリーダージャージを着る松木健治(VC VELOCE)も、メイン集団内でフィニッシュして15位に入った。

この日のレースを面白くしたのはJCF強化指定選抜チーム(写真中央)

山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)がJプロツアー初優勝

表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様

結果  JPT+E1 132km

1位 山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 3時間15分6秒
2位 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) +0秒
3位 木村圭佑(シマノレーシング) +0秒
4位 中井唯晶(シマノレーシング) +0秒
5位 門田祐輔(LEOMO Bellmare Racing Team) +1秒
6位 伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム) +2秒

敢闘賞 大町健斗(eNShare レーシングチーム)

中間スプリント賞
1回目 大町健斗(eNShare レーシングチーム)
2回目 対象者なし
3回目 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)

U23リーダー 山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

 

■Jフェミニンツアー(JFT)

東京オリンピック女子MTB日本代表の今井美穂がオープン参加した女子のJフェミニンツアーのレースは14周84km。

スタート直後から岩元杏奈(日本体育大学)がペースアップして集団の人数を絞り、2周目までに5名が残る。メンバーは、岩元、今井、唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、大堀博美(MOPS)、植竹海貴(Y's Road)。岩元が積極的なレース運びで2回のスプリント賞を獲得。しかしレース後半に入ると失速し、今井も遅れて、3名が残る。

レース終盤までに3名に絞られる

残り2周、植竹が登り区間でペースアップして大堀を振り切る。さらに最終周回に入ると、下り区間でアタックして唐見との差を一気に広げる。植竹は残り4kmを独走してフィニッシュ。今季5勝目を挙げた。

植竹海貴(Y's Road)が今季5勝目

表彰式

結果 JFT 84km

1位 植竹海貴(Y's Road) 2時間27分50秒
2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) +22秒
3位 大堀博美(MOPS) +1分8秒

中間スプリント賞
1回目 岩元杏奈(日本体育大学)
2回目 岩元杏奈(日本体育大学)

Jフェミニンリーダー 植竹海貴(Y's Road)

 

 

文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟