東日本ロードレース群馬大会Day-1 レポート

2021.4.25

第55回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1
日付: 2021年4月24日
開催地・コース: 群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター 6kmサーキットコース(1周:6km)
距離: 150km(JPT)、120km(E1)、84km(F)

 

■Jプロツアー(JPT)

Jプロツアー第5戦は、今年55回目の開催となる伝統の大会「東日本ロードクラシック」。近年は4月の群馬サイクルスポーツセンターでの開催が定着しており、今年は東日本での開幕戦として位置付けられる。レースレーティングは「ゴールド」に指定されるためポイント配分が高く、年間総合優勝争いをする上では中間スプリント賞で獲得するポイント(優勝ポイントの10%)も無視できない要素となる。

ホームストレートの満開の桜並木の下を行く集団

この大会には、東京オリンピック男子ロードレース日本代表の増田成幸がJCF強化指定選抜チームから出場。オープン参加ながらレース展開を要所で締める動きを見せた。

25周150kmのレースは、スタート直後から神経質な展開を見せる。アタックが繰り返されるも集団が逃げを容認する雰囲気にならず、ハイスピードで周回を重ねていく。

7名の逃げが容認されたのは7周目。メンバーは、小森亮平(マトリックスパワータグ)、當原隼人(愛三工業レーシングチーム)、河野翔輝(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、井上文成(弱虫ペダルサイクリングチーム)、風間翔眞(シマノレーシング)、原田裕成(CIEL BLEU KANOYA)、平井光介(JCF強化指定選抜)。

レース中盤に形成された7名の逃げ集団

逃げ集団とメイン集団との差は1分以上まで開いたが、増田をはじめJCF強化指定選抜チームのメンバーがペースアップを図り、さらにフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が集団を牽引して13周目に逃げを吸収する。

14周目、マンセボ、ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)、今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、増田らを含む15名の集団が先行。そこから今村が飛び出して独走を開始する。メイン集団は愛三工業レーシングチームがコントロールを開始。さらにJCF強化指定選抜チームも協力し、今村との差を1分20秒前後に維持しながらレース終盤へ向かう。

ペースが上がって長く伸びた集団

増田成幸(JCF強化指定選抜チーム)が昨年までのチームメイト鈴木譲(愛三工業レーシングチーム)と並走

レース終盤に向けて集団コントロールを開始した愛三工業レーシングチーム

単独先行していた今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)を増田成幸(JCF強化指定選抜チーム)が率いる集団が吸収する

22周目まで続いた今村の独走が吸収されると、集団は再びアタック合戦が始まる。しかし最終盤ではどのアタックも1周ともたずに吸収され、20名ほどまで絞られた集団で最終周回に入っていく。残り3km、増田が強烈なアタックで集団を振り切りにかかる。これに反応した窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が残り2kmからの登りで追いつき、さらに増田を振り切っていく。窪木はそのまま逃げ切り、2019年6月以来となるJプロツアー優勝。TEAM BRIDGESTONE Cyclingに今季2勝目をもたらした。

5秒遅れの集団は岡本隼(愛三工業レーシングチーム)を先頭にフィニッシュ。リーダージャージのトリビオは4位となり、総合首位を守った。

窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が2年ぶりJプロツアー優勝

Jプロツアー表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様

プロリーダージャージはホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)


結果  JPT 150km

1位 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 3時間40分19秒
2位 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) +5秒
3位 中井唯晶(シマノレーシング) +5秒
4位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +5秒
5位 入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム) +6秒
6位 横山航太(シマノレーシング) +6秒

敢闘賞 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

山岳賞 平井光介(JCF強化指定選抜チーム)

中間スプリント賞
1回目 該当なし
2回目 小森亮平(マトリックスパワータグ)
3回目 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 湯浅博貴(EQADS)

 

■Jフェミニンツアー(JFT)

14周84kmで行われた女子のJフェミニンツアーには、オムニアム世界チャンピオンであり、同種目の東京オリンピック代表の梶原悠未と、2019年ジュニア世界選手権のポイントレース世界チャンピオンの内野艶和らがJCF強化指定選抜チームからオープン参加で出場した。

レース中盤までは1周10分から11分台のゆっくりしたペースで周回を重ねていたが、10周目にペースが上がって9分台で周回すると、先頭集団は7名に絞られる。12周目に入ると渡部春雅(明治大学)がアタックを繰り返してさらに人数を絞り、リーダージャージを着る植竹海貴(Y's Road)、唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、梶原の4名が残る。13周目に入っても渡部のアタックは続き、最後まで反応出来たのは植竹のみ。最後は渡部と植竹のマッチスプリントとなり、植竹が競り勝って開幕から4連勝。2回の中間スプリント賞も獲得し、総合順位のリードを広げた。

東京五輪オムニアム日本代表の梶原悠未(JCF強化指定選抜チーム)がオープン参加

レース序盤から植竹海貴(Y's Road)と渡部春雅(明治大学)がペースを上げていく

表彰式

結果 JFT 84km

1位 植竹海貴(Y's Road) 2時間28分14秒
2位 渡部春雅(明治大学) +0秒
3位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) +10秒

中間スプリント賞
1回目 植竹海貴(Y's Road)
2回目 植竹海貴(Y's Road)

Jフェミニンツアーリーダー:植竹海貴(Y's Road)

 

■Jエリートツアー(JET)

20周120kmで行われたJエリートツアーのE1クラスタ。序盤からアタックと吸収が繰り返され、レース中盤には40秒前後の差をつけて先行する2名から3名の集団が形成されるも、レース終盤までに全て吸収される。最終周回に入ると中島雅人(VC福岡エリート)が単独先行し、残り2km付近で石田眞大(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)が合流するも、ペースの上がった集団からは逃げ切れず、残り1kmまでに吸収。最後は集団でのスプリント勝負となり、川崎嘉久(TeamZenko)が優勝した。

Day-1朝一のスタートはE1クラスタ

序盤からエリートリーダージャージの松木健治(VC VELOCE)が積極的に動く

レース後半に先行した3名の逃げ集団

最終周回に飛び出した中島雅人(VC福岡エリート)

表彰式


結果 E1クラスタ 120km

1位 川崎嘉久(TeamZenko) 3時間7分16秒
2位 佐藤信哉(VC福岡エリート) +0秒
3位 松木健治(VC VELOCE) +0秒
4位 雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド) +0秒
5位 五十嵐洸太(Team BFY Racing) +0秒
6位 坂大恵太(F(t)麒麟山Racing) +0秒

中間スプリント賞
1回目 石田眞大(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)
2回目 川崎嘉久(TeamZenko)

Jエリートツアーリーダー 松木健治(VC VELOCE)
U19リーダー 川田翔太(ボンシャンスACA)


文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟