2021年の活動方針について

2020.12.8

一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(事務局:東京都品川区、略称 JBCF)は、「2021 JBCF CYCLE ROAD & TRACK SERIES」の活動内容について以下のとおり発表いたします。

1.活動方針

新型コロナウイルス感染症の影響が引き続き予想されるなか、50年を超えるJBCFの歴史の原点に立ち返り、選手ファーストの運営を行っていきます。

2021シーズン方針発表

2.Jプロツアー

<Jプロツアー2021について>
開催カテゴリー名    :Jプロツアー(JPT)
開催レース数      :20戦程度 *予定
競技フォーマット    :ロードレース、クリテリウム、ヒルクライム、タイムトライアル
参加チーム       :全13チーム(登録選手数上限・各16名) *12月8日現在
総合チーム優勝の決定  :各レースのチーム内上位3選手のポイントを合算し、その年間合計による
総合個人優勝の決定   :シリーズ全レースの個人獲得ポイントの年間合計による

3.レースカレンダー

Withコロナでも可能な限り充実した大会運営を行っていくため、鋭意調整中です。決まり次第随時発表しますので、もう少しだけお待ち下さい。
なお3月中旬に開幕戦を実施できるよう準備を進めています。
大会数は東西ロードクラッシック大会や経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップを含むJプロツアー20戦、JエリートツアーおよびJフェミニンツアー30戦程度を予定しています。また、JユースツアーやJマスターズツアー、そして東西トラックと全日本トラックチャンピオンシップも2020年に引き続き実施して参ります。

 

2020年12月8日 JBCF事務局