群馬CSCロードレース9月大会DAY2レポート

2022.9.26

群馬CSCロードレース 9月大会 DAY2
日 付 2022年9月24日
開催地 群馬県利根郡みなかみ町
コース 群馬サイクルスポーツセンター6kmサーキット(1周:6km 逆周り)距 離:60km(JPT)、90km(F)、120km(E1)、72km(E2)、42km(E3)、60km(Y1)、36km(Y2)

■Jプロツアー(JPT)

Jプロツアー第14戦となる群馬CSCロードレース9月DAY2のレースは、6kmサーキット逆周回の10周60kmのレース。短距離決戦のレースは集団スプリントで勝負が決してきたが、逃げ切りが難しい逆周回のレースはさらにその可能性を高める。

ネクストリーダージャージの佐藤光(稲城FIETS クラスアクト)を先頭にスタート
ネクストリーダージャージの佐藤光(稲城FIETS クラスアクト)を先頭にスタート

朝からぐずついていた天気はJプロツアーのスタートに合わせたかの様に晴れ、秋の青空の下アタック合戦が始まっていく。入部正太朗の2連勝で勢いづく弱虫ペダルサイクリングチームや、CIEL BLEU KANOYA、シマノレーシングのメンバーが集団前方で飛び出しを図る。数名の先行に対してシマノレーシングが集団をコントロールする場面も見られたが、先行を容認しない集団は落ち着くことなく周回が進む。

シマノレーシングがコントロールに入るも、集団は落ち着きを見せない
シマノレーシングがコントロールに入るも、集団は落ち着きを見せない

レース終盤に入ると、CIEL BLEU KANOYAが波状攻撃を開始。7周目に古谷田貴斗が飛び出し、吸収されると9周目には冨尾大地がアタック。冨尾は単独先行で最終周回に入るも、残り1kmを前に後続集団に飲み込まれる。

レース終盤、前日優勝の入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)がアタック
レース終盤、前日優勝の入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)がアタック
残り2周、冨尾大地(CIEL BLEU KANOYA)がアタック
残り2周、冨尾大地(CIEL BLEU KANOYA)がアタック

最後は10名ほどの集団でのスプリント勝負となり、河野翔輝(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が生涯初のロードレースでの優勝を決めた。

河野翔輝(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が生涯初のロードレース勝利を挙げる
河野翔輝(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が生涯初のロードレース勝利を挙げる

 

表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
ネクストリーダージャージは佐藤光(稲城FIETS クラスアクト)
ネクストリーダージャージは佐藤光(稲城FIETS クラスアクト)

結果  JPT 60km

1位 河野翔輝(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 1時間26分32秒
2位 大河内将泰(CIEL BLEU KANOYA) +0秒
3位 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) +0秒
4位 中井唯晶(シマノレーシング) +0秒
5位 横山航太(シマノレーシング) +0秒
6位 香山飛龍(弱虫ペダルサイクリングチーム) +0秒

敢闘賞 該当者なし

Jプロツアーリーダー 小林 海(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 佐藤光(稲城FIETS クラスアクト)

 


■Jフェミニンツアー(JFT)

女子のJフェミニンツアーは、今シーズン最長の15周90kmで行われた。

序盤は唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、植竹海貴(Y’s Road)らがペースを作る
序盤は唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、植竹海貴(Y’s Road)らがペースを作る

レース中盤までは大きな動きもなく周回を重ねてきたが、残り4周となる12周目に滝川陽希(Live GARDEN BICI STELLE)が単独で飛び出す。これをリーダージャージを着る植竹海貴(Y’s Road)が先導して追走し、13周目に吸収する。

小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム)と植竹海貴(Y’s Road)の2名で最終周回へ
小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム)と植竹海貴(Y’s Road)の2名で最終周回へ

残り2周となる14周目、植竹のペースアップに小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム)が追従して2名が先行。最終周回に入ると下り区間で小林がアタックし、植竹を引き離しにかかる。しかし半周を残して植竹が追いつくと、最後は植竹と小林のマッチスプリント。ロングスプリントを仕掛けた植竹が小林を下して優勝した。

最終周回、牽制気味にフィニッシュへ向かう植竹海貴(Y’s Road)と小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム)
最終周回、牽制気味にフィニッシュへ向かう植竹海貴(Y’s Road)と小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム)
ロングスプリントを仕掛けた植竹海貴(Y’s Road)が先着し、4連勝
ロングスプリントを仕掛けた植竹海貴(Y’s Road)が先着し、4連勝

 

表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
フェミニンリーダージャージは植竹海貴(Y’s Road)が保持
フェミニンリーダージャージは植竹海貴(Y’s Road)が保持

結果 JFT 90km

1位 植竹海貴(Y’s Road) 2時間41分03秒
2位 小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム) +0秒
3位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) +2分22秒

Jフェミニンツアーリーダー 植竹海貴(Y’s Road)

 


■Jエリートツアー(JET)

E1クラスタのレースは、Jプロツアーの倍の距離となる20周120km。アタックと吸収が繰り返されたのち、レース中盤に5名の先頭集団が形成される。

レース前半に形成された5名の先頭集団
レース前半に形成された5名の先頭集団

その中から川勝敦嗣(MiNERVA-asahi)が、後続に30秒前後の差をつけて単独先行する。しかしレース終盤までに集団が吸収。その後新たに数名が先行するも、19周目終了までに吸収される。

ひとつの集団となって最終周回へ
ひとつの集団となって最終周回へ
最終周回に飛び出した島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM)と橋本友哉(TRYCLE.ing)
最終周回に飛び出した島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM)と橋本友哉(TRYCLE.ing)

最終周回に入った直後、島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM)と橋本友哉(TRYCLE.ing)の2名が先行。残り2km付近までに高岡亮寛(Roppongi Express)が追いつく。この3名でのスプリント勝負となり、島野が優勝した。

島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM)が優勝
島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM)が優勝

 

表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
表彰式 プレゼンターは群馬サイクルスポーツセンターの坂木様
エリートリーダージャージは小林亮(soleil de lest)
エリートリーダージャージは小林亮(soleil de lest)

結果 E1クラスタ 120km

1位 島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM) 3時間5分14秒
2位 高岡亮寛(Roppongi Express) +0秒
3位 橋本友哉(TRYCLE.ing) +3秒
4位 池川辰哉(VC VELOCE) +12秒
5位 雑賀大輔(湾岸サイクリンク゛・ユナイテット゛) +12秒
6位 初川弘浩(ORCA CYCLING TEAM) +12秒

中間スプリント賞
1回目 川勝敦嗣(MiNERVA-asahi)
2回目 川勝敦嗣(MiNERVA-asahi)

Jエリートツアーリーダー 小林亮(soleil de lest)
U19リーダー 岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)

 


■弱虫ペダルPresents Jユースツアー

<Y1クラスタ>

U17が対象のY1クラスタは10周60km。序盤からリーダージャージを着る中尾涼介(VC AVANZARE)が積極的に動き、周回が進むにつれて集団の人数が徐々に絞られる。

リーダージャージを着る中尾涼介(VC AVANZARE)が序盤からペースを上げていく
リーダージャージを着る中尾涼介(VC AVANZARE)が序盤からペースを上げていく
レースの進行と共に集団の人数が絞られていく
レースの進行と共に集団の人数が絞られていく

最終周回、6名となった先頭集団で中尾涼介(VC AVANZARE)がアタックするも、6名でのスプリント勝負を安川尚吾(ORCA CYCLING TEAM)が制す。

6名でのスプリント勝負を安川尚吾(ORCA CYCLING TEAM)が制す。
最終周回までに残った6名でのスプリント勝負となり、安川尚吾(ORCA CYCLING TEAM)が勝利。

結果 Y1クラスタ 60km

1位 安川尚吾(ORCA CYCLING TEAM) 1時間34分28秒
2位 平山雷斗(中部大学第一高等学校) +0秒
3位 三浦一真(湘南工科大学附属高等学校) +0秒
4位 望月 蓮(山梨県立吉田高校) +0秒
5位 風間大和(淑徳巣鴨高等学校) +3秒
6位 村田 駿(Leap Hamamatsu Cycling Team) +1分24秒

Jユースツアーリーダー 中尾涼介(VC AVANZARE)

 


<Y2クラスタ>

U15対象のY2クラスタは6周36km。

1周目から4名に絞られた先頭集団
1周目から4名に絞られた先頭集団

スタート直後から先行した4名が最後まで逃げ切り、スプリント勝負を制した武西憲進(E’quipe u Racing)が優勝。新たにY2リーダーとなった。

スプリント勝負を制した武西憲進(E’quipe u Racing)が優勝
スプリント勝負を制した武西憲進(E’quipe u Racing)が優勝

結果 Y2クラスタ 36km

1位 武西憲進(E’quipe u Racing) 58分52秒
2位 澤野 司(埼玉ユース自転車競技部) +0秒
3位 関口煌大(COW GUMMA) +1秒
4位 佐竹清亮(AVENTURA VICTORIA RACING) +3分39秒
5位 新井優貴(埼玉ユース自転車競技部) +6分5秒
6位 野村慧晴(AVENTURA VICTORIA RACING) +6分5秒

Y2リーダー 武西憲進(E’quipe u Racing)

 

文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟