石川クリテリウム 大会レポート

2022.7.17

第2回 JBCF 石川クリテリウム
日 付 2022年7月16日
開催地 福島県石川郡石川町 文教福祉複合施設モトガッコ周辺特設コース(1周:1.8km)
距 離 32.4km(JPT)、23.4km(E1)、18km(ジュニア)


■Jプロツアー(JPT)

松田祥位優勝、窪木一茂2位でTEAM BRIDGESTONE Cyclingワン・ツーフィニッシュ

文教福祉複合施設モトガッコ前のスタートラインに揃ったJプロツアーの選手達
文教福祉複合施設モトガッコ前のスタートラインに揃ったJプロツアーの選手達

1ヶ月ぶりの開催となるJプロツアーは、福島県南部での3連戦。初日は石川町の文教福祉複合施設「モトガッコ」前をスタート・フィニッシュとするコースでのクリテリウムだ。1周1.8kmの周回コースはアップダウンが無く平坦ではあるが、クランク状のコーナーの連続など8つの直角コーナーがあり、ハードな減速と加速を強いられる。

山本哲央を先頭にTEAM BRIDGESTONE Cyclingがメイン集団を牽引
山本哲央を先頭にTEAM BRIDGESTONE Cyclingがメイン集団を牽引

18周32.4kmのレースは、スタート直後からのアタック合戦もほどほどに、TEAM BRIDGESTONE Cyclingが主導権を握り、集団前方に集まってペースを上げて人数を絞っていく。ここまで連勝を続けてきたマトリックスパワータグもこれに加わるが、レース中盤以降は集団後方で遅れるメンバーが目立ちはじめ、プロリーダージャージを着る小林海も遅れてしまう。

終盤に入ってもTEAM BRIDGESTONE Cyclinghは主導権を譲らない
終盤に入ってもTEAM BRIDGESTONE Cyclinghは主導権を譲らない

レース終盤に入ってもTEAM BRIDGESTONE Cyclingは主導権を譲らず、先頭集団は20名ほどまでに絞られる。最終周回、最後の二つのコーナーを、松田祥位、窪木一茂の順でクリア。そのままの順番でフィニッシュし、TEAM BRIDGESTONE Cyclingがワン・ツーフィニッシュで今シーズン初勝利を挙げ、開幕戦から続いたマトリックスパワータグの連勝は7で止まった。

TEAM BRIDGESTONE Cyclingがワン・ツー・フィニッシュ
TEAM BRIDGESTONE Cyclingがワン・ツー・フィニッシュ

 

表彰式 プレゼンターは、石川町教育長の小玉陽彦様(写真右)と、石川町観光物産協会会長の野本和義様(写真左)
表彰式 プレゼンターは、石川町教育長の小玉陽彦様(写真右)と、石川町観光物産協会会長の野本和義様(写真左)

 

プロリーダージャージの小林海(マトリックスパワータグ)と、ネクストリーダージャージの山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)
プロリーダージャージの小林海(マトリックスパワータグ)と、ネクストリーダージャージの山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

 

結果  JPT 32.4km

1位 松田祥位(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 43分18秒
2位 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +0秒
3位 レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ) +0秒
4位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +0秒
5位 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) +0秒
6位 橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +3秒

Jプロツアーリーダー 小林 海(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 山本哲央(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

 

■Jエリートツアー(JET)

E1 紫陽花を横目に進む集団
E1 紫陽花を横目に進む集団

E1クラスタのレースは13周23.4km。レース中盤から篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING)、石橋利晃(湾岸サイクリング・ユナイテッド)、水野貴行(Infinity Style)、小橋勇利(YURIFitCyclingTEAM)の4名が、集団に10秒の差をつけて先行する。

E1 序盤から集団前方で動く篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING)
E1 序盤から集団前方で動く篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING)

最終周回に入ると小橋が単独先行して1位でフィニッシュするものの、レース前の車検を受けていなかったことから失格とされ、2位でフィニッシュした篠原が優勝となった。

E1 小橋勇利(YURIFitCyclingTEAM)が1位でフィニッシュするも、車検を受けておらず失格
E1 小橋勇利(YURIFitCyclingTEAM)が1位でフィニッシュするも、車検を受けておらず失格

 

E1 僅差のスプリント勝負を篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING)が制して優勝
E1 僅差のスプリント勝負を篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING)が制して優勝

 

結果 E1クラスタ 23.4km

1位 篠原輝利(AVENTURA VICTORIA RACING) 32分55秒
2位 石橋利晃(湾岸サイクリング・ユナイテッド) +0秒
3位 水野貴行(Infinity Style) +5秒
4位 寺崎武郎(バルバサイクルレーシングチーム) +14秒
5位 雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド) +14秒
6位 小林 亮(soleil de lest) +14秒

Jエリートリーダー 小林 亮(soleil de lest)

 

■ジュニア

10周18kmで行われたジュニアのレースには、石川町が地元の学法石川高校など高校生がオープン参加し、24名が出走した。

ジュニア ローリングスタート
ジュニア ローリングスタート

 

ジュニア 序盤から岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)がペースを上げていく
ジュニア 序盤から岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)がペースを上げていく

レース後半までにおよそ半分まで絞られた集団から、残り2周で岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)が単独で抜け出す。後続との差は最終周回まで縮まり切らず、岡崎が逃げ切りで優勝した。

ジュニア 残り2周から単独先行した岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)が逃げ切って優勝
ジュニア 残り2周から単独先行した岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)が逃げ切って優勝

 

ジュニア 表彰式 プレゼンターの石川町教育長の小玉陽彦様(写真右)と、石川町観光物産協会会長の野本和義様(写真左)
ジュニア 表彰式 プレゼンターの石川町教育長の小玉陽彦様(写真右)と、石川町観光物産協会会長の野本和義様(写真左)

 

ジュニア 優勝した岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)がU19リーダーに
ジュニア 優勝した岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)がU19リーダーに

 

ジュニア 結果 18km

1位 岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team) 26分0秒
2位 大森虹亮(BMレーシンク゛ZUNOW) +3秒
3位 川田翔太(AVENTURA VICTORIA RACING) +3秒
4位 佐藤愛祈(ハヤサカサイクルレーシングチーム) +4秒
5位 本田啓仁(LINKVISION GIRASOLE CYCLING) +5秒
6位 落合康生(東京都立八王子桑志高等学校自転車競技部) +5秒
※表彰対象はオープン参加を除く上位6名

U19リーダー  岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)


文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟